★ブライトエイジが無料で貰えるチャンス!★
お得な美容情報が満載! 今すぐお友達登録してみてくださいね^^



★初回2980円定期コースにお申込みはこちら★

★10日間集中トライアルキッドもコチラ★



年齢を重ねると悩みの一つとして言われる「シミ」。

 

気が付けばできていた…

そう感じさせられることはありませんか?

 

一度できてしまったシミは簡単には落とすことは出来ません。

でも、諦めることはありませんよ。

 

今回は、シミの原因と種類、しみに効果的なブライトエイジについて徹底検証いたします。

 

ブライトエイジでシミが消える?

「シミが消える」という表現は少し違いますが、シミで悩んでいる人にも改善効果を期待することが出来ると言われています。

 

ブライトエイジがシミ改善にも効果があると言われている成分について徹底検証いたします。

 

・トラネキサム酸

ブライトエイジには、炎症を抑える効果が期待されている「トラネキサム酸」が配合されています。

炎症性色素沈着のシミに対して効果が期待されています。

また、シミの元となるメラニンの生成を抑える効果も期待されています。

その他、トラネキサム酸には、美白有効成分として多くの化粧品に使用されている安全な成分です。

 

・お肌のターンオーバーを正常にする9つの保湿成分

  1. NMFの主成分「アミノ酸ミックス」
  2. 細胞間脂質の主成分「セラミドミックス」
  3. コラーゲンを結び付ける働きを持つ「マリンエラスチン」
  4. コラーゲンやヒアルロン酸の生産には欠かせない「コラーゲン・トリペプチド F」
  5. 肌の健康を維持する働きを持つ「ヒバマタ」
  6. ビタミンCの働きを補助する「パンテチン」
  7. 保湿成分が豊富に配合された「イシゲエキス」
  8. 毛穴ケアにも効果が期待されている「アーティチョークエキス」
  9. 砂漠の中でも花を咲かすほどの水分保持力をもつ「ミロタムヌス」

 

特にミロタムヌスが含まれていることを聞くと、十分な保湿力を期待することが出来そうですよね。

ブライトエイジには、これらの保湿成分が混ぜ合わさっており、ハリや弾力のある健康的なお肌へと導いてくれます。

お肌の中からの潤いを保ち、うるおいを逃さない健やかな状態を維持することで、シミ対策にもつながります。

 

シミの種類について

シミには大きく4つの種類に分けられます。

ブライトエイジは、どんなシミにも予防・改善の効果を発揮すると言われていますが、どのような種類のシミがあるのかまとめました。

 

・老人性色素斑

長時間紫外線に当たることで、お肌のターンオーバーが乱れてしまい、その結果「シミ」という形でお肌のトラブルを引き起こします。。

20代後半からシミが気になりだすようになり、最初は薄く出てくるのですが、年を取るにつれてどんどん濃くなってくる特徴を持っています。

 

・炎症性色素沈着

ニキビや湿疹を傷つけることで炎症が起きたり、スキンケアをするときの強い摩擦によって引き起こされて、シミの原因へと繋がります。

基本的に正常なターンオーバー周期を保つことで、自然と色素沈着を防ぎ、肌色へと戻っていきます。

 

・肝斑

女性ホルモンの影響によって30代から見られるシミだと言われています。

さらに、肝斑は摩擦や紫外線など、外部からの刺激によって現れて、濃くなっていくので、内側と外側の両方からのケアが必要だと言われています。

肝斑は、閉経とともに薄れていく傾向があり、60代近くになると目立ちにくくなるのも、特徴の一つです。

目立ちにくくはなりますが、無くなるわけではないので、日ごろからのケアはやはり重要です。

 

・光線性花弁状色素班

火傷や水ぶくれの跡がシミとなって出てくるものを言います。

特に、日焼けをしても黒くならない、色白の方に多く見られるシミで、自宅ケアでの対応では難しいと言われています。

綺麗に消すにはレーザー等を使用した皮膚科での治療がおススメだと言われています。

皮膚かに相談をしてみましょう。

 

シミの原因を知ろう

シミを対策するには、どうしてシミが出来るのかを知ることも大事です。

ブライトエイジでシミ対策を行いつつ、日ごろからの生活習慣を気を付けてみると良いですね。

シミが出来る原因はいくつかあるようです。

 

・紫外線には気をつけよう

年中天気を問わず降り注ぐ紫外線。

目には見えませんが、常に紫外線はお肌に当たっています。

紫外線がお肌に当たると、ダメージを受けます。

ダメージからお肌を守るためにメラニン色素が生産され始め、保湿ケアを怠っていると、たくさんのシミが出来てしまいます。

紫外線のダメージが強いと、皮膚細胞のDNAが変異してしまい、紫外線を浴びていない状態でも、浴びている時と同じようにシミが作られていきます。

この状態を防ぐためにも、日焼け対策とスキンケアをしっかりと行い、紫外線からお肌を守る必要があるのです。

紫外線のがめーじが強いと、日焼けをし、さらに紫外線に当たり続けることで、お肌の老化が進み、たるみの原因へとつながります。

 

・お肌の炎症に気をつけよう

湿疹やかぶれ、ニキビ、摩擦、火傷などの炎症によってシミが出来ると言われています。

洗顔の時に強くこすったり、ニキビをつぶしたり、発疹やかぶれのかゆみが我慢できずにかくなどの行為は絶対に行ってはいけません。

お肌が炎症を起こすことによって、色素沈着が行われ、結果的にシミという形で現れます。

 

・活性酸素を体の中に増やさない

外側からのダメージだけが原因ではありません。

ストレスや喫煙、飲酒、食品添加物など、体に取り入れるものによってシミの原因となる活性酸素を作り出します。

活性酸素が発生すると、体の中でメラニンの生成が始まり、お肌のダメージがあるところへ色素沈着が起こります。

 

まとめ

ブライトエイジに含まれる成分には、シミ対策にも効果を発揮してくれます。

シミの原因を知ることで、日常生活でもシミ対策を行うことが出来、ブライトエイジの効果をさらに高めてくれます。

ブライトエイジに含まれる有効成分をお肌に吸収させながら、日ごろの生活習慣を見直すことで、シミの予防や改善につながっていくので、ぜひ心がけてみましょう。



★初回2980円定期コースにお申込みはこちら★

★10日間集中トライアルキッドもコチラ★



★ブライトエイジが無料で貰えるチャンス!★
お得な美容情報が満載! 今すぐお友達登録してみてくださいね^^